デザイン診断

Heuristic test
お客様のサービス・システムを熟練されたデザイナーが 診断(ヒューリスティックテスト)し、課題の整理と 改善の方針を具体的な評価方法と共に提示します。
3つの視点による評価
機能
ユーザーのゴールを達成するために必要な機能が揃っており、個々の機能が使いやすく、かつ状態がわかりやすくなっているか。
情報設計
タスクを実行する際に必要な情報が適切な粒度で、適時に提供されているか。情報間の関係が適切に考慮され、UIに反映されているか。
ビジュアルデザイン
システム・サービスの目的に寄与するビジュアルデザインになっていて操作内容と状態を見分けることができるか。ブランド構築に貢献しているか。
3つの視点による評価
機能
ユーザーのゴールを達成するために必要な機能が揃っており、個々の機能が使いやすく、かつ状態がわかりやすくなっているか。
情報設計
タスクを行う際に必要な情報が適切な粒度で、適時に提供されているか。情報間の関係が適切に考慮され、UIに反映されているか。
ビジュアルデザイン
システム・サービスの目的に寄与するビジュアルになっていて操作内容と状態を見分けることができるか。ブランド構築に貢献しているか。

デザイン診断
(ヒューリスティック評価)の流れ

Task flow
1.ヒアリング
  • システムの目的とゴール
  • 想定しているユーザー
  • システム・サービスの競合
  • システム・サービスの強み
  • 抱えている課題
2.デザイン診断
  • コンテンツ&機能評価
  • 情報設計評価
  • ビジュアルデザイン評価
3.レポート報告
問題点を報告
4.改善提案
問題点を踏まえ、具体的なUI/UXの改善提案

アウトプット例

Output

なぜフィクセルでやるか?

  • UI/UX改善の実績が豊富
  • 多様な業界のサービス、システムの実装経験が豊富
  • お客様の都合に合わせて柔軟な契約形態

お客様の声

Cases
証券会社様
AIを活用した新しいトレーディング支援サービスを構築してもらいました。仕様が固まっていなかったので見積などが難しいだろうと思っていましたけど、稼働した分だけの請求だったので安心してスタートすることができました。プロジェクトの進行中にも度重なる仕様の変更に常に柔軟に対応できて、安心して進めることができましたね。
医療機関向け新規サービスを構築したお客様
大きな学術会を控えており、新しいサービスのコンセプトだけでもデザインで見せられればと思いましたけど、デザインだけではなく、実際に動くシステムを短期間で実装できると聞いた時には正直半信半疑でした。しかし、実際に計画通りにデザインから実装まで全部できたので、弊社の新サービス展開への日程が大幅に短縮されました。オラインツールを活用することで常にリアルタイムでフィードバックがあるのも頼もしいです。

よくある質問

Frequently Asked Questions
Q
費用と期間はどれくらいですか?
A
対象プロジェクトの規模によって変わります。最初のヒアリングの後すぐに想定スケジュールと費用を提示し、お客様と調整します。費用に関しては次の質問の回答を参照してください。
Q
どのくらいの費用でしょうか?
A
課題とする内容によって作業範囲や期間が変わるため一般化はできませんが、お客様のご予算と期間に合わせて実施するため数百万円から1000万円以上と幅があります。
金額感について詳しく知りたい方は、どのようなことをお考えかを概要やスケジュール感などをお知らせください。概算のお見積りと計画をご提案させていただきます。また、金額算出は稼働する人の単価と日数でいたしますので、予算感に合うように稼働量と進め方を調整することも可能です。
Q
納品物、成果物はどのようなものになりますか?
A
UXデザイン系は、ペルソナ定義やジャーニーマップなどユーザー側とビジネス側の要件を分析・整理した資料。UIデザイン系は、ワイヤーフレームや画面ビジュアルデザイン、デザイン指示書・デザインガイドラインが標準的な成果物になります。実装したものは設計書やテスト仕様書などの文書一式とコード一式、その他作業中に発生した全ての資料となります。
※ご要望やプロジェクトに合わせ最適な成果物を定義・ご提案させていただきます。
※納品物や成果物の著作権は基本顧客に属します。
Q
デザインだけ、または実装だけもお願いできますか?
A
可能です。お客様の要件に合わせて、柔軟な大勢で支援させていただきます。実装に関しては様々なプラットフォームの開発実績がありますので、詳しいご要望をお聞かせください。Webサービス、ネイティブアプリ、組み込み系などに対応できます。また、どのような実装技術が最適かなどご相談も承ります。
Q
社内のエンジニアまたは他の開発会社と協業はできますか?
A
可能です。これまで多くのお客様と多様な形態で協業した実績があります。社内にエンジニアがいるケースや既にお付き合いのあるSIer・開発会社など外部パートナーと連携して実装を進めるケースなど柔軟な体制で対応できます。また、必要に応じてプロジェクト管理や技術のコンサルティングなどのより上流の支援も可能です。
Q
参加されるデザイナーやエンジニアは御社の正社員ですか?
A
はい、基本的に弊社の正社員が対応します。ただし、案件の内容に応じて、イラスト、動画作成など、各案件に必要なスキルを持つ弊社のパートナーのデザイナーを参加させることがあります。また案件の規模が大きい場合は弊社のパートナーの開発会社と一緒にさせていただくこともあります。パートナーのスキルに関しては弊社との実績を通して十分検証しておりますのでご安心ください。
Q
サービスの実装だけでなく、運用も支援してくれますか?
A
通常の業務時間内の運用支援は行っております。24時間365日など、クリティカルな稼働が必要なサービスに関しては専門の運用会社と連携して運用サービスを提供させていただきます。