Services
ビジネスソリューションとしてのUX/UIデザイン

既に運用中のサービスや
システムのUI/UXデザインの改善を検討している方

UX/UIデザイン改善

改善 改善
  • 現状分析:お客様からの問い合わせ内容、営業さんが聞かれるユーザーの意見などを参考にしながら、既存プロダクトを分析してどのような課題があるかを確認します。専門家によるヒューリスティックテストも行います。
  • 課題定義:上記の分析作業を元に、既存プロダクトにおける課題を明確に定義します。課題のビジネスにおける影響度合い、今後のプロダクトの方向性などを基準に優先度と対応に必要な概算工数を定義します。
  • ゴールと範囲の設定:課題を確認し、UX/UIデザインで何を改善するかを明確にします。短期間での対応が難しい場合は優先度を考慮して段階的な改善のスケジュールを決めます。重要なマイルストーンを定義し、プロジェクト分割の基準にします。
  • 評価基準の検討:プロジェクトの各フェーズにおける重要な目標とその評価基準、そして測定方法を明確にします。
  • ペルソナ定義:対象のユーザーをペルソナとして明確に定義し、ユーザーに対する理解をプロジェクト参加メンバー間で共有します。
  • コンテキスト分析:ペルソナの環境、同期、条件、目的など、ペルソナの理解に必要な情報を分析して定義します。
  • ジャーニマップ作成:対象プロダクトと関わるペルソナの行動を定義します。この作業通してペルソナに対する理解を深める同時に、プロジェクトメンバー間で共通の認識を作り上げます。
  • メンタルモデル分析:ジャーニマップで表現されたペルソナの行動の理由を定性的・定量的な手法で分析します。ペルソナの内在された本当の目的を確認することでより有効な対策を提示できないかを検討します。
  • ワイヤーフレーム作成:分析フェーズで得た情報を元に、ペルソナに提供した使用者経験を実現できるUIを検討します。多数の案を迅速に検討・検証することでより有効なUIを作成します。
  • プロトタイピング:ワイヤーフレームをユーザーテストができるプロトタイプに仕上げます。プロダクトの特徴や確認が必要な要素に応じて、デザインツールのプロトタイプ作成機能を利用した紙芝居レベルの簡単なものから、プログラミングが必要なソフトウェアまで、適したものを作成します。
  • ユーザーテスト:ペルソナに相当する人を対象に、プロトタイプを利用したユーザーテストを行い、目的とした使用者経験を提供することができるかを確認します。テスターの募集からテストの準備、実施までをFixelが支援します。ユーザーテストは必要に応じて複数回行うことがあり得ます。
  • 評価と改善:ユーザーテストで得られたフィードバックを分析し、更なる改善を行います。改善が必要な内容に応じて今までのどのフェーズまでに戻って改善を行うかを検討します。このような反復と改善活動は目的とした使用者経験を提供することができるまで繰り返します。十分な改善が行われたことが確認されたら、実装のフェーズに進みます。

上記のプロセスをできるだけ短期間で行います。また、ユーザーテストを通して十分価値がある改善が行われたことを確認した後にプログラミング作業に入るので、間違ったものを実装することによって発生する無駄なコストをなくし、プロジェクト全体のリスクを最小限に抑えながら、確実、かつより効率的にプロダクトのデザインを改善することが保証されます。

既存システムが持っているUXの課題を分析し、対象プロダクトの目的に適したUX/UIデザインの改善案を提供します。デザインと技術の両面からアプローチし、最大の効果を短期間で実現します。
従来のように数ヶ月の実装後にやっとものが見えるような方式ではなく、プロジェクトの初期から最終的な姿が分かった上で、週単位の進捗も可視化されており、常に安心できる進め方を採用しております。

UXデザインプロセス × ITプロセス

ウォーターフォール、アジャイルなど、ITのプロセスに合わせてUXデザインのプロセスをうまくマージすることでプロジェクト全体の最適化を行うことができるのはもちろん、対象サービスやシステムが目的とした価値を十分に提供できることを保証できます。IT側はデザインプロセスから出てくる成果物の種類と提供時期を事前に把握することで安心してプロジェクトを実行できるようになります。

UXデザインプロセス × ウォーターフォール型開発

図
  • 大規模システム開発でよく採用されているウォーターフォールプロセスにおいては、要件定義と基本設計のプロセスと並行してUXデザインプロセスを実施します。
  • 対象システムがユーザーに提供すべき使用者体験をUXデザインで定義し、それをUIデザインに落とします。
  • それらの資料をベースにシステム設計者は機能要件と非機能要件を定義することになります。
  • 詳細設計及び実装の段階でも適時にデザイナーのレビューを行うことで意図した通りの実装に繋がっているかを確認します。
  • テストフェーズでは機能と非機能要件のテストだけではなく、使用者経験のテストも行うことでとして目指した使用者体験をを実現できているかを確認します。

UXデザインプロセス × アジャイル型開発

図
  • スクラムなど、アジャイルプロセスは、ウォーターフォールプロセスに比べ自由度が高いと評価されていますが、不要なものを効率よく実装しても意味がありません。
  • 開発に入る前にUXデザインプロセスを通してプロダクトのバリデーションとデザインの方向性を明確にし、フロントエンドの実装に必要なデザインガイドラインを作成します。
  • 上記と並行してエンジニアは開発に必要なツールや基盤などを構築し、フィジビリティテストを行います。
  • イテレーションが始まるとデザインと実装は交差しながら要件定義・実装・評価・改善のプロセスを繰り返し実施します。
  • 上記のプロセスで対象プロダクトをより迅速にマーケットに公開しながら、継続的な改善活動が可能となります。
  • エンジニアとデザイナーの円滑なコラボレーションと適切なプロセスの定義が大事になります。

Contact

どのようなお悩みでも
まずはお気軽に
ご相談ください

arrow

Careers

柔軟で先進的な思考を持った
デザイナーやエンジニア、
コンサルタントを募集しています

arrow

Copyright© Fixel Inc. All rights reserved.